2021年7月24日(土) 糀部 「糀のグルテンフリーのカレー」

2021年07月29日

梅雨が明け、急に真夏の暑さに見舞われている金沢です。

この酷暑を乗り切るためにも、体に優しい糀とスパイスの効いたカレーで暑気払いしたいですね!

今回は、昨年も大好評だった伊藤先生の『糀のグルテンフリーカレー』です。

それではさっそく作った料理を紹介していきます。

 

 

***今回の糀部のメニュー***

・糀のグルテンフリーのカレー

・塩糀のターメリックライス

・塩糀のピクルス

・玄米甘酒のアーモンドバナナラッシー

****************

 

 

まずは、先に味を馴染ませておくためにも、塩糀のピクルスから作っていきました。

漬け汁に〘塩糀〙酢、〘アガベシロップ〙、スパイスを使いましたが、どれも体に優しく特に夏に摂り入れたいものばかりですね。

酸味が苦手な方も、塩糀がまろやかさを出してくれますので食べやすいかと思います。

 

今回はキュウリ、人参、パプリカ、玉ねぎを漬け込みましたがミニトマトを湯剥きしたものもオススメだそうです。

軽く湯がいてから漬けるのですが粗熱を取ってから漬け込みます。

玉ねぎだけを沢山作っておくとラッキョウのように楽しめるそうですよ。

 

アンケートの声でも「さっそく作って夏の常備菜にしたいです。」というお声もありました。

色鮮やかなピクルスは見た目にも華やかで食欲もそそりますね。

 

 

次は、メインのカレーです。

一般的には市販のカレールーを使っている方がほとんどではないでしょうか?

しかし市販のルーには酸化した油や小麦粉が入っているので胃もたれしやすいのです。

胃腸の働きが低下しやすい夏には食べたくありませんよね。

 

この糀カレーには小麦粉は使われていません。

油も炒める際に少量使われているだけでとってもヘルシーですので胃もたれしにくいですよ。

まずは30分かけて玉ねぎをじっくり炒めていきます。

他の野菜や具材は水を加えてミキサーでペーストにします。

 

 

サラサラした食べやすいカレーです。とろみが欲しい方はすりおろしたジャガイモを加えると良いそうです。

お肉は鶏手羽中をじっくり焼いて赤ワインとバターでソテーしたものを合わせました。

じっくり焼くとアクも出にくく芳ばしさも出ますので別でじっくりと焼くのがおススメです。

ブレンドしたスパイスを入れ、ここで糀の調味料が入ります。〘塩糀〙〘醤油糀〙〘いしる糀〙ヤマトの糀3兄弟です!

味もしっかりつけつつ、素材の旨みをしっかり引き出してくれる、それが糀調味料の良いところですね。

塩の代わりに塩糀。醤油の代わりに醤油糀。いしる糀は余りがち??

そんな方のために先生から、いしる糀をレモンやオリーブオイルと合わせてドレッシングにしてみては?というご提案も頂き、「美味しそう!」「やってみたい!」というお声も上がっていました。

 

ご飯はターメリックと〘塩糀〙を合わせて炊飯器で炊きました。

ほのかな塩味と旨みのある食欲をそそるご飯に炊きあがりました。

 

 

最後に〘玄米甘酒〙で作るアーモンドラッシーを作りました。

今、へルーシーだと人気のあるアーモンドミルクからヒントを得てレシピを考案されたそうです。

無糖のヨーグルトも合わせてさっぱりした味わいになりました。

スパイスの辛味の効かせた、からーいカレーにも合うラッシーです。

 

今回のカレーは、糀部では定番?になりそうです。

私(北島)も、もちろんお家でよく作っています!

スパイスの調整もご家庭のお味に出来ますよ。

皆さんもぜひ糀のある食生活で、いつもの食卓を健康的な美味しいものに変えてみませんか?

参加してくださった部員さんも是非自主練をしてくださいね!

 

 

直接お越しできない方もオンラインでの参加が可能です!

調味料つきのセット〙もございますし、開催日から1週間は復習の動画再生も可能です。

 

—————————————————-

次回の料理教室は、8月21日(土)の15:00~16:30 はらこ先生の『糀で楽しむお月見メニュー』です。

本店での参加(デモ見学と試食のみ)+オンラインでの配信を予定しております。

多くの方のご参加をお待ちしております。

詳しくはコチラ>>

—————————————————-

開催スケジュールは「部活予定」にて随時更新されていきます

是非チェックしてくださいね♪

糀や発酵の秘密など「糀のおはなし」小冊子プレゼント中!
糀や発酵の秘密など「糀のおはなし」小冊子プレゼント中!