株式会社ヤマト醤油味噌の会社概要

金沢 ヤマト醤油味噌

発酵食文化の栄える金沢 大野。
ここ大野町は白山連峰を源にする清冽な伏流水が湧き出る土地、
また日本海に面する港町でもあり、かつては数多くの北前船の船団を抱えた大野川(浅野川)の河口に位置する加賀藩の外港でもありました。
ヤマト醤油は、初代・山本藤松(とうまつ)が現在地において、明治44年(1911年)に創業致しました。
今も残る当時の建物(百年蔵)は、当初は造り酒屋の工場だったと聞いております。
社名のヤマトは、初代の屋号であった『山藤(やまとう)』に由来しています。

さて、当社の創業時は、北前船(きたまえぶね)という帆船による輸送から、鉄道にうつる移行期でしたが、
初代は、船乗りで、船を使って、北海道との商いも行っていたそうです。
金沢からの往きには、醤油・味噌・雑貨を積み、北海道からの帰り荷としては、大豆・雑穀・海産物・材木を運び商いをしたということです。
当社は、創業時より、国産の大豆・特に北海道産の大豆を味噌の原料に使っています。
これが、わが社の誇る大きな特徴のひとつです。

2代目が醤油醸造を創め、3代目が味噌醸造を創め、現在の4代目が味噌&醤油を使った発酵食調味料の製造をはじめました。
こうして、金沢の風土の中で醸造をはじめ、金沢の食文化に磨かれながら商いを続けています。

当社は品質管理にも、早くから取り組み、2000年にISO9002を取得 (2003年にはISO9001・2000年版に移行済み)。
2001年にはオーガニック=有機JASの食品製造業者としての認定も受けております。
また、2012年11月には、食品安全管理の国際規格である「FSSC22000」を取得いたしました。

安全で、美味しい商品を望むお客様のお役に立つために、味噌・醤油の製造を行っているのが当社です。
上記の良好な品質管理の実践のおかげで、国内はもとより、アメリカやヨーロッパ等のプロのシェフからの積極的な引き合いを受けて、当社の味噌・醤油を輸出しております。
(現在、アメリカ、フランス、シンガポール等に取引店があります。)

金沢の食文化は素晴らしい。
時間をかけて醸す醤油や味噌の醸造食品は、極めて日本的な、ここならではのものです。
また、ヤマトのプレミアムラインの商品(舟ヤマトマークのラベル)は、原料を可能な限り国産品にしぼり、添加物の無い、伝統的製法を守って手間暇かけた当社職人の自信作です。
本物は、世界に通じる(良いものは良いのです!)と、当社は、社員全員が、日本人の智恵の固まりである発酵食品の製造&販売に真摯に取り組んでいます。

社 名
(株)ヤマト醤油味噌
代表取締役
山本 晴一
設 立
明治44年
所在地
〒920-0331 石川県金沢市大野町4丁目イ170
電話番号
076-268-1248
FAX番号
076-268-1242

※当社へ送られるFAX番号を間違えて送信される方が多くみられます。
間違って送られた先様に、大変ご迷惑になりますので
当社へFAXを送信される際には送信前にいま一度、FAX番号のご確認をお願い致します。

創 業
明治44年
業 種
醤油味噌製造・販売業
社 員
34名
実店舗
醤蔵(ひしほぐら)
社 長
山本 晴一
工場長
山本 晋平


webショップ店長
山本 晴一
webショップ担当
横山

B to B(プロ向け・業務用のオリジナル・オーダー品のご注文を承ります)

業務用のオリジナル・オーダー品の受注を承ります。 注文ロットは、小袋で1~2万袋以上、または製造ロット400Lより。 下記のような商品を手がけています。

  • ざるそばつゆ(2倍濃縮)
  • 釜飯の素
  • 丸大豆醤油5cc小袋入り(寿司の添付用)
  • うどんつゆ(5倍濃縮)
  • だし入り味噌小袋

お問合せ内容を「B to Bに関するお問合せ」をご選択の上、 下記の必要事項を明記頂き、お問い合わせ下さい。
返信は5営業日以内に対応いたします。

  • 御社名
  • 御社住所
  • 御社電話番号
  • 社長のお名前
  • 担当者のお名前
  • 営業時間外のご連絡先(携帯電話等)
  • 商品についてのお問い合わせ、ご質問等