夏におすすめのお味噌汁(酵素が活きているお味噌汁を食べましょう!)

2015年07月20日

野菜たっぷり具沢山、アツアツのお味噌汁は心も身体もあたたまります。しかし、暑い日がつづくと、いくらお味噌汁が栄養たっぷりでもなかなか飲むのは厳しいときも・・・。

そこで、お味噌汁=アツアツという概念を覆す、美味しいうえに酵素たっぷり、夏におすすめのお味噌汁を紹介します。

それは、「冷汁」です。

冷汁は、宮崎県の平野地域を中心とする郷土料理です。鎌倉官僚家記録の中には「武士にては飯に汁かけ参らせ候(そろ)、僧侶にては冷や汁をかけ参らせ候」という記述があり、冷汁は僧侶から広まったとされています。また、忙しい農家の食事として簡単に調理でき、短時間で食べられるものとしても広まり、「農民食」や「陣中食」と言われていました。

 

冷汁(4人前)

みそ…80g

いりこ…40g

ごま…50g

だし汁…560cc

豆腐(手でほぐす)…1丁

ねぎ(小口切り)…30g

きゅうり(小口切り)…1本

 

  • いりこのはらわたと頭を取り、身をほぐし、フライパンで炒める。
  • すり鉢で1・ごまをよくする。
  • みそを2に入れてよくすりこみ、すり鉢にのばし、すり鉢を反対に向けてコンロの上に置き、表面を直火であぶる。
  • 3にだし汁を入れてよくのばす。
  • 豆腐、きゅうり、ネギを入れます。
  • 冷蔵庫で冷やしておくか、氷を入れて良く冷やしてできあがり。

 

冷汁はご飯(元々は麦飯)にかけて食べられます。実は、そうめんや冷うどんのつゆとしても非常に美味しいのです。夏は冷たい飲み物ばかり飲んでしまい食欲がなくなりがち。そんな時も、冷汁ならサラサラと食べられる上に、体に必要なアミノ酸や必要な塩分などの栄養もとることができます。しかも、温かいお味噌汁よりも火が通っていないので、味噌本来が持っている酵素の力も期待できます。

「一汁一菜に一糀」で夏バテ知らず。夏にぴったりの冷汁を試してみませんか。

ヤマトの長期熟成生味噌