朝にお味噌汁をおすすめしたいこれだけの理由

2015年06月20日

3.朝ごはんイメージ

 

 

「味噌汁は朝の毒消し」ということわざがあるほど、お味噌汁は朝食に飲むのにピッタリです。その理由を紹介します。

 

(1)体があたたまり、一日のスタートに必要なアミノ酸を摂取できる。

朝にあたたかいお味噌汁を飲むと、適度に体を温めてくれます。しかも、お味噌汁には、私たちに不可欠な各種アミノ酸やペプチド、その他各種微量栄養素が含まれます。その活力効果は、戦国時代に侍の兵糧食として活用されたほどです。

 

(2)脳や全身の血のめぐりを整える

味噌に含まれる消化の良いアミノ酸やペプチド、ビタミンEは血管壁に弾力をもたらし、血のめぐりを整えます。味噌には、糀の酵素のおかげで、脳の活動エネルギー源になるブドウ糖も含まれます。また、レシチンにより脳細胞の老化が予防されます。

余談ですが、脳には約140億個もの脳細胞があります。一旦血が通わなくなると、脳細胞が死滅してしまいます。脳細胞は通常の細胞と異なり、死滅しても新たにつくられることは無いとされ、加齢とともに細胞の死滅が進むと、物忘れなどの症状が出てきます。必要以上に進行を早めないために、血流をスムーズに保つことを意識したいものです。

 

(3)味噌に含まれる微量栄養素や食物繊維で、余分なものをデトックス(排毒作用)!

味噌に含まれるサポニンやレシチンという物質は、体内の余分な脂肪を溶かして体外に流す働きがあります。ワカメなどの海藻の味噌汁や、野菜たっぷり具だくさん味噌汁にすると、カリウムとナトリウムのバランスが取れて、排尿を促します。味噌汁によって摂れる適度な水分は腸内のウンチをやわらかくし、また、大豆に含まれる食物繊維が腸の中を掃除してくれます(食物繊維はウンチのかさ増しの効果があります!)。

 

「一汁一菜に一糀」を始めるなら、これだけ良い理由のある「朝一杯のお味噌汁」からが手軽かもしれません。温かいお味噌汁を飲んで、元気に一日のスタートを切りましょう!