43、ヤマトのフリーズドライお味噌汁はなぜ美味しいのか?|糀部 -目指せ、発酵食美人-

糀部 -目指せ、発酵食美人-

2015.06.08

01、酵素(こうそ)・・・

味噌には活きた酵素が入っているものと入っていないものがあることをご存じでしょうか。 まず、酵素とは、食べたものを消化吸収してくれるだけでなく、息をしたり、筋肉を動かしたり、生きるための全ての代謝活動に関係しており、私たちは酵素なくして生きていくことはでき...

2015.06.18

02、1日1杯のお味・・・

    お味噌汁から得られる発酵食のパワーは非常に大きいです。 まず、お味噌汁を飲むと胃腸の働きが活発になります。 腸内環境が整い、食欲も増しますし、食事のはじめに温かいものを飲むことで内臓が適度に温まり、消...

2015.06.20

03、朝にお味噌汁を・・・

    「味噌汁は朝の毒消し」ということわざがあるほど、お味噌汁は朝食に飲むのにピッタリです。その理由を紹介します。   ①体があたたまり、一日のスタートに必要なアミノ酸を摂取できる。 朝にあ...

2015.06.28

04、野菜スープに糀・・・

野菜たっぷりのスープは栄養がたくさん含まれており、生野菜よりも野菜の量を多く摂取することができるので頻繁に召し上がっている方も少なくないのではないでしょうか。 美容やダイエットでも注目される野菜たっぷりスープですが、タンパク質不足が欠点の一つ。体づくりに...

2015.07.06

05、お味噌汁に合う・・・

お味噌汁と言えば、焼き魚にお漬物というイメージはありませんか。酵素の面から見ると理に叶っていて、昔の人の知恵はすごいものだと感心します。 焼き魚の付け合せの、大根おろしに注目してみましょう。 大根には、ジアスターゼと呼ばれるでんぷんを分解す...

2015.07.12

06、お味噌汁の基本・・・

美味しいお味噌汁は、具材への火の通し方や味噌をとくタイミング等をしっかり守るだけ。どなたでも簡単に作ることができます。 基本は、①【具材に火が通るまで味噌を入れない】②【火を止めて適量の味噌を溶く】だけです。   火の通り...

2015.07.20

07、夏におすすめの・・・

野菜たっぷり具沢山、アツアツのお味噌汁は心も身体もあたたまります。しかし、暑い日がつづくと、いくらお味噌汁が栄養たっぷりでもなかなか飲むのは厳しいときも・・・。 そこで、お味噌汁=アツアツという概念を覆す、美味しいうえに酵素たっぷり、夏におすすめのお味噌...

2015.07.21

08、お味噌汁の栄養・・・

味噌は健康に良いと言われますが、具体的にどのような点で健康に良いのでしょうか。味噌は、大豆と米、または麦を主原料として醸造されます。主原料の割合によって味噌の栄養価は多少変わりますが、たんぱく質、炭水化物、灰分、脂質、AとC以外のビタミン、ミネラル等で、体調を...

2015.07.22

09、お味噌汁のカロ・・・

毎日続けて食べるものというのは、やはりカロリーが気になるものです。お味噌汁のカロリーはとるだしや味噌の種類にもよりますが、具なしの状態で30~40kcalくらいです。そしてこれに具のカロリーが加わります。代表的なお味噌汁で言うと、わかめと豆腐のお味噌汁が46k...

2015.07.23

10、お味噌汁の塩分・・・

厚生労働省の『日本人の食事摂取基準(2015年版)』によると、日本人の1日の塩分摂取量は、18歳以上の男性で8g未満、18歳以上の女性で7gと、高血圧予防を目的にかなり低い数値に設定されています。高血圧を予防するためには、塩分を控えることが大切です。 &...