当社の品質方針は『季節の味、旬の素材を引き立てる良質な調味料の製造・販売を通して、お客様の健康で喜びに満ちた食生活の実現を支援する』です。上記の品質方針を実現するために、今回、品質保証・品質管理・生産管理などの問題に対応できる総合システムを構築しました。当社の商品をお使い頂いておりますお客様に、より一層の安心と・納得(御満足)をお届け出来る基盤が出来たと思います。このためには経営層だけでなく、各部門の社員全体が関わりました。認証取得はこれに関わった社員全員の努力の賜物と理解しております。下記の認証状を手にした時、私はこの素晴らしい成果を上げた社員を大変誇らしく思いました。今後も上記の品質方針を実現するため、又その結果お客様のより深い御満足を得られるように前向きに努めてまいります。変わらぬ御支持を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。 

株式会社ヤマト醤油味噌 代表取締役 山本晴一

FSSC22000(食品安全システム認証)を取得しました。

●北陸3県で初!
●醤油業界では二番目にFSSC22000を
取得しました。(2012年10月16日)
●認証範囲=醤油、味噌及び塩の液体調味料の製造
株式会社ヤマト醤油味噌は、美味しさ、品質、安心・安全においても世界最高の醤油&つゆ等調味料の製造をするべく、毎日真摯にこのプロセスを守り、記録を付け、改善に務めています。

※3 ISO22000とは・・・ ISO22000(International Organization for Standardization)とは、『食品安全マネジメントシステム-フードチェーンに関わる組織に対する要求事項』の国際標準規格です。安全な食品を生産・流通・販売するために、HACCP手法とISO9001(品質マネジメントシステム規格)を基礎としたマネジメントシステムを運用するために必要な要求事項を規定しています。

※4 PAS220とは・・・ 国際的な食品メーカーや食品流通会社の連合組織であるGFSI (Global Food Safety Initiative)が定めた前提条件プログラムを適用した食品安全基準システムです。ISO22000ではカバーできなかった食品安全対策(フード・テロ、原材料やアレルギー物質の管理など)について、具体的に定めています。

FSSC22000

FSSC22000(食品安全)ってなに?

有機農産物加工食品製造業者認定書

●当社の品質方針は『季節の味、旬の素材を引き立てる良質な調味料の製造・販売を通して、お客様の健康で喜びに満ちた食生活の実現を支援する』です。上記の品質方針を実現する為にも、また、より自然な原材料を探していくと、有機栽培の大豆とお米にたどりつきました。志のある良き農家の方との出会いがありました。 大豆も、お米も地元・石川県産のものです。素晴らしい味のお味噌になると確信しています。お味噌は、 ただ今、味噌蔵で、じっくり熟成中です。来年には商品として発売する予定です。 下記の、有機農産物加工食品製造業者認定は石川県では,初めての認定になります。当社の味噌工場の社員の皆ががんばって力を合わせて取得することが出来ました。認定書を見るたびに誇りに思います。

・有機JASってなあに?
今回のJAS法改正において有機農産物及び有機農産物加工食品の特定JAS規格を定め、規格に適合するかどうか検査を受けた結果、これに合格して有機JASマークが付けられたものでなくては「有機栽培の大豆」、「有機栽培の米」、「オーガニック味噌」等の表示をしてはならない制度が導入されました。 これにより、「有機低農薬栽培」、「有機減農薬栽培」等の紛らわしい表示が規制され、有機JASマークは、有機食品の適切な表示をしているものである目印となります。
簡単に言えば 有機JASマークの付いていない物には「有機味噌」、「オーガニック味噌」、「有機栽培」、「有機○○」等の表記をしてはならないという法律です。
・有機JASの認定を受けたという事は?
登録認定機関の認定を受けて、その製造する有機農産物等(この場合は味噌)について格付を行い、有機JASマークを付けることができます。

・認証があると、どんな違いがあるの?
・社内的には、   マニュアルをつくり、その記録を取ることで、生産管理のレベルが数段上がった。
           そのため品質にもばらつきが起こりにくく、安定して良質の商品を作ることができる。