i_syouhinitiran.gif i_payment.gif i_kagomiru.gif i_okyakusamanokoe.gif i_kaisyagaiyou.gif i_hishihogura.gif i_top.gif

メイン

2007年05月09日

春キャベツとアンチョビのパスタ

    春キャベツとアンチョビのパスタ  

 

《材料》(2人分)

  春キャベツ … 1/4個
  パスタ(お好きなもの) … 150gくらい
  アンチョビ … 2~3枚
  にんにく(みじん切り) … 1/2かけ
  オリーブオイル … 1/2カップ
  【いしるだし】 … 大さじ2     
  【奥能登海水塩】 … 適宜
      

材料

   《作り方》
   1: キャベツは堅い芯の部分をとって、2~3cm幅に切る。
     アンチョビは5mmくらいに切る。
     

   2: 海水くらいの塩分にしたお湯パスタをアルデンテに茹でる。

   3: フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて香りが出るまで
     ゆっくり炒める。
     そこに、アンチョビを加えて炒め、春キャベツも加えてさっと炒める。
     

   4: 3のフライパンにゆで汁1/2カップと【いしるだし】大さじ2~3を加え
     水分とオイルが乳化するまでフライパンをゆする。
     そこにパスタを加えて、さっと混ぜ合わせれば出来上がり!
     
 

    簡単なのに、本格派のパスタ!

投稿者 hishihogura : 16:13 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月21日

アサリの和風パスタ

  アサリの和風パスタ

 

《材料》(2人分)
  アサリ      300gくらい
  スパゲティ    200~220g
  トマト       1ヶ
  ニンニク     1カケ
  いしるだし   大さじ2~3
  重宝だし    大さじ1~2
  オリーブオイル  大さじ3
  パセリ     お好みで 
   

材料

   《作り方》
    1:アサリは塩水(水1カップに小さじ1の割合)で塩抜きをする。
      トマトは皮に切れ目を入れて湯向きし、2cm角に切る。
     アサリは互いに、こするようにして洗ってくださいね。

    2:パスタを茹で始める。パスタはくっつかないように、たまに混ぜてくださいね。

    3:フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れ火にかける。
     香りが出てきたら、1のアサリとトマト・【重宝だし】【いしるだし】を加え
     更にパスタの茹で汁(1/2~1カップ)加え、油と乳化するまで
     鍋を動かしながら火にかける。
      アサリがぱっと口を開いたら、火が通った合図です。
     
    4:茹で時間より1分早いところで、3のフライパンにパスタを入れる。
     旨味たっぷりのソースとあわせます!     
     
    5:パスタにアサリの旨味たっぷりのソースがからんだら、出来上がり!
    さぁ、召し上がれ~!

投稿者 hishihogura : 16:40 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月20日

アサリと春野菜のスープ・キムチ風味

    アサリと春野菜のスープ・キムチ風味
   
 

《材料》(4人分)
   アサリ    200g~300g
   ジャガイモ    2個
   トマト       1個
   春キャベツ     1/4個
   ニンニク   1カケ
   キムチ      100g
   ごま油     大さじ1
   酒       大さじ3
 
A)水       4カップ
  いしるだし   大さじ2

B)重宝だし    大さじ1
  淳昌コチュジャン 小さじ1 

材料

   《作り方》
   1:アサリは塩水(水1カップに小さじ1の割合)で塩抜きをする。
     ジャガイモと春キャベツは一口大に切り、キムチはざく切りにする。
     トマトは皮をむいてから、2~3cm角に切る。
    アサリは良く洗ってくださいね。

   2:アサリを酒蒸しにして、殻を取って、身と蒸し汁に分ける。

   3:みじん切りにしたニンニクをごま油で炒め、良い香りがしてきたら
     ジャガイモ・キムチ・トマトの順に入れ、さらに炒める。
    じゅーじゅー炒めます。

   4:3の鍋に、A)の調味料、アサリの蒸し汁を入れて5分くらい煮、
     キャベツを加えて更に5分煮る。
    春キャベツを加えます。 アサリを戻し、あと一煮込み!

   5:ジャガイモに火が通ったらアサリを鍋に戻し、B)の調味料を加え
    しばらく煮込めば、出来上がり~♪
    さぁ、召し上がれ!

投稿者 hishihogura : 16:38 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月16日

スナップエンドウの炒め物

    スナップエンドウの炒め物
   
 

《材料》(2人分)
   スナップエンドウ  150g
   鶏肉     50g
   生姜     1かけ
   いしるだし  大さじ1~2
   重宝だし   大さじ1
   黒コショウ  お好みで 
   

材料

   1:スナップエンドウは筋を取って、水・奥能登海水塩・サラダ油を入れた
     鍋で 1分くらいで色よく茹でる。
     生姜をみじん切りに、鶏肉を一口大に切る。
    下準備をする。

   2:フライパンにサラダ油を入れ、生姜を加えて火にかける。
     生姜の香りがしてきたら、鶏肉を入れ焼いていく。
    生姜と鶏肉を炒めます。

   3:鶏肉に火が通ったら、水を切ったスナップエンドウを加え
     いしるだし・重宝だしをじゃっと絡めて出来上がり。
     【いしるだし】と【重宝だし】で味をつけます。

   4:仕上げに粗挽きの黒コショーを加えると大人の味で
     ビールもご飯も進んじゃいますよ。
    粗挽き 黒コショーでピリリと大人の味!

投稿者 hishihogura : 14:23 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月19日

鳥のトマト煮込み・バジル風味

   
   鶏肉の表面をカリッとなるまで炒めてから、
   トマト・タマネギ・ピーマンなどお好みの野菜を加えて
   トマトピューレ・トマトジュース・コンソメなどで炒め煮ます。
   【バジルペースト】 と 【魚醤・いしるだし】
   お好みの量、加えると鳥の臭みもとれて、風味・旨味もアップしますよ!
   
   【バジルペースト】を薄く切ったバゲットに塗って
   オーブン(トースター)でカリッと焼いて一緒にどうぞ!
   パンやご飯だけでなく、ワインやビールにもピッタリの一品です。

投稿者 hishihogura : 16:06 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月04日

クラムチャウダー

    

       
 

《材料》

  たまねぎ  2個
 にんじん  1本
 セロリ   1~2本
 じゃが芋  大3個
 ベーコン  5~6枚
 牛乳   500ミリリットル
 あさり  (殻つきで1キロほど)
 飾り用ゆでブロッコリー適宜  


《調味料》
  サラダ油(綿実サラダ油ならベスト)綿実サラダ油
 魚醤・いしるだし魚醤「いしるだし」
  塩・黒コショー
 葛粉少々

       
   《作りかた》
   砂出ししたあさりはこすり洗って、ひたひたより少な目の水とともに
   鍋に入れ火にかけます。

    

    あさりの口が開いたら取り出し、実をこそげ取ります。
   茹で汁は少し煮つめて、こします。
    

    野菜は1センチ角くらいのサイコロに、ベーコンも1センチ幅に切り
   厚鍋に大さじ2~3の綿実サラダ油で炒めます。

    

   野菜が透き通ってきたら、あさりの茹で汁をひたひたに注ぎ入れ
   蓋をして中火で7~8分煮ます。
   (アクが気になる場合は、フタをせずアク取りしてください)

   


   柔らかくなったら、牛乳とあさりを加え、
   《いしるだし》大さじ2で調味します。
   最初はうすめに整えたほうがおいしいと思います。
   足りなければ天然塩で調節します。

    

    

   とろみがほしい時は葛粉を少量の水で溶いて入れてください。
   

   茹でたブロッコリーを盛り、黒コショーのいい香りとともに
   お召し上がりください。

   

投稿者 hishihogura : 15:48 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月26日

みぞれ鍋

    

       
  【材料】
  カワハギ・たらなどお好みの白身魚
        (骨は除いて)
  ホタテ・かきなど魚介類
  しめじ・えのき・舞茸などきのこ
  餅巾着・はんぺんなど好みの練り物
  青みに、せり・三つ葉など
  大根(今日は半本使いました)
  魚醤・いしるだし魚醤「いしるだし」
  竹製『鬼おろし』
       
    まず『鬼おろし』
    これがあってこその【みぞれ鍋】であります。
    

     このギザギザの牙をご覧ください。
     竹職人さんがひとつひとつ丁寧に削っています。
     この牙で大根をおろすと・・・・。

    そこいらへんの男性には負けない握力の持ち主つくしが
     わっしわっしと大根をおろしていきます。

          

    どうです?
    このざっくりとした断面!
    ふんわり栄養分と食物繊維をたっぷり含んだ
    みずみずしい大根おろしが簡単にできます。
    

    牙にからんだ『おろし』は
    裏返しにして、ポンっ!
    はい。きれいにとれました。
    


    土鍋に
     水400ミリリットルに対して
     いしるだし魚醤「いしるだし」70ミリリットルを入れ熱します。
     (1対6の目安でのばします)

    
     食材を入れていきます。
  
     周りに、【鬼おろし】でおろした『みぞれ』をたくさん置きましょう。
    
    『みぞれ鍋』は『雪鍋』と呼ぶ地方もあるそうですね。
    ほんとに、ボタ雪みたいです。   

   材料に火が通るとこんな感じになります。
   
    雪が解けて、おだしをいっぱい含みます。
    青々としたセリを加えて出来上がりです。
    味は薄かったら【いしるだし】魚醤「いしるだし」を適宜加えてください。

   【みぞれ鍋】は、だし汁ごといただきます。
    大根おろしが苦手なお子様も、スープをたっぷり吸ったこのお鍋ならOK。
    ただ、魚の骨があるととても食べづらいので
    最初に下処理をしておいてくださいね。

投稿者 hishihogura : 15:43 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月15日

豆乳鍋

   いしるだし魚醤「いしるだし」の奥深いうまみと豆乳はバツグンの相性です。
   これもスープごといただくお鍋です。
   食材はお好みで工夫してみてください。
   わたしは、中華のクリーム煮をイメージして青梗菜を入れてみました。

   
   【材料】
      チンゲンサイ
      白菜
      ちくわ、など好みの練り物
      ギョーザ・ワンタンなど
      舞茸・しめじ・エノキなどきのこ
      豆乳
      【魚醤いしるだし】魚醤「いしるだし」

   土鍋に【水1】対【いしるだし5】にのばしたスープをはり
   食材を入れ火にかけます。
   

   材料に火が通ったら、豆乳を加えひと煮立ちしたら出来上がり。
   

   あまりグツグツと煮てしまうと
   豆乳のたんぱく質がモロモロと固まりますので
   きれいに仕上げたいときは、豆乳を入れてからは弱火で。
   

投稿者 hishihogura : 15:46 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月30日

とり&白菜鍋

体の芯から温まります!

     これが石川名物【とり野菜】

     とっても簡単なのに、くせになる味。
     ぜひ作ってみてください。

    材料(一鍋分)
      ・鶏もも肉   200g    
      ・白菜     1/4
      ・にんじん   少々
      ・【鍋みそ】  適宜
      ・【いしるだし】 適宜
 
   

    1.【いしるだし】魚醤「いしるだし」を8倍に薄めて鍋にはります。
    2.鳥肉、白菜、人参と【鍋みそ】鍋みそを入れます。

    3.くつくつ煮えたら、もう出来上がり!

    あれこれ具を入れずにシンプルに白菜&とり、がいいんです。

投稿者 hishihogura : 14:49 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月25日

キャベツ&たまねぎスライス・から揚げのっけ

    材料(二人分)
     キャベツの千切り   2分の1個分
     たまねぎのスライス   2分の1個分
     トマトなど   適宜
     とり(もも肉)   1枚

     作り方
     1.スライスした野菜は一度冷水にさらしパリッとさせておきます。
     野菜を切ります。

     2、とりのから揚げには【ひしほ醤油】(【いしるだし】もオススメです!)を下味に使うと最高です。
      【ひしほ醤油】で下味をつけます。
      我が家では、とりの皮も脂も全部きれいに掃除して
      一口大に切り、ひしほ醤油を少々かけておきます。

      市販のから揚げ粉を使わずとも、絶品から揚げができますから
      ここはぜひ【ひしほ醤油】自然塩仕込みの絞り立て生醤油「ひしほ 」をお使いいただきたいっ!
      
       キッチンペーパーに取り、小麦粉をまぶしてカラッと揚げます。
       なづなさんは、小麦粉+片栗粉半々にするとのこと。
       我が家はその時々で。
      粉をつけて、カラッと揚げます。

      
       野菜を盛り、から揚げをおいて
       【塩ぽん酢】で召し上がれ。【塩ぽん酢】をまわしかけたら出来上がり!
      

      から揚げの塩っ気と【塩ぽん酢】塩ぽん酢のなんともいえないまろやかな
      酸味・甘みが相まって、簡単なのに最高の一品になります。
      さ、いただきまぁす。 

投稿者 hishihogura : 16:45 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月30日

加賀太キュウリのあんかけ


  加賀太キュウリのあんかけ


《材料》 
   ・加賀太キュウリ 2本
      (または、冬瓜)
   ・いしるだし

《作り方》
1・加賀太キュウリは、直径10センチほどの加賀野菜です。
  太きゅうりは皮をむいて、適宜切ります。

2・6倍にのばした「いしるだし」でゆっくりと煮含め、
  仕上げに片栗粉であんかけにします。

3・熱々も、きりっと冷すのもオススメです。

4・生姜を絞って、召し上がれ。

投稿者 hishihogura : 14:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月13日

韓国風あえ物・ナムル


韓国風あえ物・ナムル

《材料》 
   ・水煮ぜんまい・豆もやし・ほうれん草・など
   ・酒・煎りごま・ごま油・いしるだし

《作り方》
1・水煮ぜんまいをさっと湯がいて水にさらします。
    
  【いしるだし】と酒をいれて、煮含めます。
  仕上げに、煎りごま・ごま油をまわしかけて
  ぜんまいナムルの出来上がり!

      
2・豆もやしは、面倒ですがヒゲ根をとって(食感が全然違いますから!)
  【奥能登海水塩】を加えたたっぷりの湯で
   堅めに(豆に歯ごたえが残る程度)茹でます。

  【いしるだし】を大さじ2~3まわしかけ、ざっと和えてから
   ごま油を入れてまぜます。        

3・ほうれん草は色よく茹で、水にさらし、かたく絞ります。
  【奥能登海水塩】をぱらりと、さらにごま油を入れて和えます。
    
4・ご飯のうえにナムルをのせて、
  さらに【淳昌コチュジャン】をたっぷりトッピングすればビビンパッブ!    
     
  茹でて和えるだけの簡単ナムル、是非、お試しください。

投稿者 hishihogura : 16:29 | コメント (0) | トラックバック

きゅうりのいしるだし漬け

キュウリのいしる漬け


きゅうりのいしるだし漬け

《材料》 
   ・きゅうり お好みで
   ・いしるだし きゅうりが漬かるくらい

《作り方》
1・きゅうりを1センチ幅に斜め切りにし、【奥能登海水塩】でかるく塩をします。

2・ザルにあけて水気をきり、ボール・どんぶりなど、適当な容器に入れ
  【魚醤・いしるだし】をひたひたに注ぎます。

3・水の入ったボールなどで重石をしておきます。
 2~3時間で食べられますが、一晩漬けておくと、いしるの独特の旨みが
 野菜になじんでより美味。

投稿者 hishihogura : 14:35 | コメント (0) | トラックバック

スパゲッティ アッレ ボンゴレ ロッソ


≪スパゲッティ アッレ ボンゴレ ロッソ≫
   
 地物のアサリと、冷凍庫のトマトソースの作り置きで
 あさりのスパゲティを作ってみました。
    
  仕上げに【バジルペースト】を一人前小さじ1くらい入れますと 
 《うちのスパゲティ》が・・・
  グッと本格派な《スパゲッティ・アッレ・ボンゴレ・ロッソ》に!

 
 トマトソースは市販のものに、
 トマトジュースや生トマトを刻んで混ぜたりしても、もちろんgood!  
 この【バジルペースト】がインスタントっぽさを打ち消してくれますよ。 
    
 
  ここで、ちょっとおいしいウラ技!  
 ウチのトマトソースのかくし味には【魚醤いしるだし】を使ってあるんです!
 魚介の旨みを凝縮した【魚醤いしるだし】は、いわば魔法の調味料。
 ソースのコク出しには最適なんですよ。
 一人前、大さじ1くらいの感じで味付けしてみてくださいね。
    
 【バジルペースト】にも塩が入っていますから、
 トマトソースは、いつもより少しうす味にしておいてくださいね。

投稿者 hishihogura : 14:04 | コメント (0) | トラックバック